オイルフィルターのわかりやすい取り外し方

オイルフィルターのわかりやすい取り外し方


オイルフィルターのわかりやすい取り外し方
オイルフィルターを取り外すための工具として使用するオイルフィルターレンチを手に入れる際には、事前に自分の車のオイルフィルターのサイズを把握した上で購入をするようにしてください。

現在におきましては、全てのサイズに合わせる事が可能なオイルフィルターレンチもありますので、サイズが分からない時はこれでも十分作業をすることが可能となっています。

エンジンオイルを抜き取る前には、1分程度でも良いのでエンジンを暖機しておく必要があるので忘れないでください。
その結果エンジンオイルの粘度が下がり、抜き取り時間が短くなります。
しかし暖機しすぎは火傷するので注意してください。
暖機が終了したら必ずエンジンを停止し、作業を開始しましょう。

廃油ポイの容量が大きかった場合は、エンジンオイルを抜き取ると同時にオイルフィルターを取り外す事も出来ますが、この時に使用している廃油ポイの大きさでによりましては同時に作業するとこぼれてしまう可能性も生じてしまいます。




オイルフィルターのわかりやすい取り外し方ブログ:180809

現代社会では、運動不足の人が増えています。
都心部ではクモの巣のように交通手段が張りめぐらされていますから、
頼っている人も多いことでしょう。

運動不足の問題は、都会だけではありません。
わたくしの実家は山奥の田舎ですが、
田舎でも運動不足は問題として浮上しています。

交通手段が乏しい田舎だからこそ、
車が必需品になり、運動不足になってしまうのですね。

また、スピードが加速している時代ですから、
運動する時間そのものがないと嘆いている人もいるでしょう。

でも、大丈夫です!

「運動する時間がない」のなら、アイデアがあります。
運動する時間を別で設けるのではなく、
今の生活の中に運動を取り入れるのです。

減量のために、ジムに通うことになれば、
時間もお金もかかります。
もちろん、それがあるという人はそれでもいいのですが、
そもそも生活の中で運動するチャンスは、すでにたくさんあります。

例えば、以下のようなアイデアはいかがでしょうか。

買い物に行くときには車を使わず、自転車を使う。
駅までの往復に自転車を使わず、歩いて通う。
駅はひとつ手前で降りて、歩いて家まで帰る。
ひとつ上の階や下の階であれば、階段を使う。

ちょっとした工夫ですぐに実現できますね。
今の生活に取り入れるだけですから、今日からでもすぐに始められます。

「都会だから」「田舎だから」「時間がないから」「お金がないから」
すべて言い訳です。

「運動をするきっかけがない」という人に最も必要なのは、
「時間」ではなく「工夫」なのです。

ほんの少し工夫をすれば、
どんなに忙しい毎日であっても、
運動する時間を作り出すことができるのです。

じゃんじゃん

オイルフィルターのわかりやすい取り外し方

オイルフィルターのわかりやすい取り外し方

★メニュー

配管工事業者には絶対に欠かすことの出来ないポンププライヤー
車におけるバッテリーの上がりについて
エアコンチャージをする時の注意点
真空ポンプはとっても使い勝手が良い
オイルフィルターのわかりやすい取り外し方
芝刈機は3種類販売されています
タイヤパンク修理にかかる費用はどの程度かかる?
集塵機を設置するだけでは効果はほとんど無い
初心者にオススメの道具箱はプラスチック製
バイクのバッテリーにかんする注意点


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)車のバッテリー調べま専科