車におけるバッテリーの上がりについて

車におけるバッテリーの上がりについて


車におけるバッテリーの上がりについて
ブースターケーブルというのは、バッテリーが上がった時には絶対必要となります。
なので万が一の事を考えて車に乗せておくようにしましょう。

バッテリーの上がりが直ったからといって、完全に安心してはいけません。
無事にエンジンがかかったからと言って、すぐにエンジンを停止してしまうと、又同じような状態になってしまうことが多くあるのがその原因です。
エンジンが無事にかかったら、最低30分以上は走行するようにしましょう。

結論から30分以上はエンジンを切ってはいけないという事なのです。
これはバッテリーを充電するために必要なことなので、大変大切なことです。

何度も、バッテリー上がりが発生してしまい、5年以上使用しているものであれば、車のバッテリーの買い替えが必要となります。
ガソリンスタンドやカー用品店などで一度見てもらってください。




車におけるバッテリーの上がりについてブログ:180623

酵素はからだの中でも作られますが、
からだの中で作られる酵素の量には限界があります。

なので、
食べ物から酵素をとることが大切なのですが…

酵素は熱に弱く、
加熱した食べ物には、酵素は存在しません。

そこで酵素を効果的にとるには、生のものを食べるしかありません。
生野菜、フルーツ、お刺身などがいいのですが、
中でもオススメなのはフルーツ。

フルーツには、酵素がたっぷり含まれています。
パイナップルやパパイヤがお肉を柔らかくするのも、
酵素のパワーなんです。

中でも酵素の多いフルーツは、
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイです!

ただし、
酵素を効果的にとるためには、
フルーツは、食事の後ではなく
食事の前に食べることが大切です。

普通の食事は、2時間から4時間かけて胃から腸へと届きますが、
フルーツはたったの半時間で腸に届くそうです。
なぜなら、フルーツにはたっぷりの酵素が含まれているからです。

そして腸に届いた酵素は本領を発揮して
ウエストの中をキレイにしたり、
後からくる食べ物をしっかり分解吸収してくれます。

でも、食事の後にフルーツを食べてしまうと、
前を行くご飯やおかずにジャマされて、胃で立ち往生…
「早く腸に行かせてよ~」とじだんだを踏むフルーツを胃酸が襲う…

…というわけで、
フルーツは、食事の30分前か
食事と食事の間に食べるようにしましょう。

酵素の働きは
「食べ物の消化」と「新陳代謝」ですが、
その中でも、特に「解毒」に大量の酵素 が使われます。

なので、
外食の多い方
ファストフードが好きな方
むくみやすい方…は、
ぜひ、食事の前やウエストが減っている時に
フルーツを食べて、
効果的に酵素を補充することをオススメします!

車におけるバッテリーの上がりについて

車におけるバッテリーの上がりについて

★メニュー

配管工事業者には絶対に欠かすことの出来ないポンププライヤー
車におけるバッテリーの上がりについて
エアコンチャージをする時の注意点
真空ポンプはとっても使い勝手が良い
オイルフィルターのわかりやすい取り外し方
芝刈機は3種類販売されています
タイヤパンク修理にかかる費用はどの程度かかる?
集塵機を設置するだけでは効果はほとんど無い
初心者にオススメの道具箱はプラスチック製
バイクのバッテリーにかんする注意点


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)車のバッテリー調べま専科