車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:180528
減量しよう!と一念発起した人の中には、
いきなり水泳とかジョギングといった負荷の重い運動を
始める方もいらっしゃるようです。

確かにこういった運動をやると、汗もかきますし、疲れますから
「減量やってるなあ」
という実感がわくかもしれませんね?

ところが減量というのは、
「1回にどのくらい激しい運動をしたか」ということよりも
「どのくらい継続して運動をしたか」
ということの方が重要だったりするんですよね。

実際、毎日やっていないと、
運動の効果はどんどん少なくなっていくことが証明されています。

例えば、
24時間おきに運動をしていても、
毎日運動をしている人と比べると
その効果は1割減少してしまうそうです。

もし三日おきに運動しているというのなら
その運動における効果というのは
毎日やっている人と比べると
実に半分になってしまうんですって!

一週間に一度しか運動していない場合には、
毎日運動している人と比べると
その効率は、2割にまで減少してしまうという恐ろしいデータも…

ですから、激しい運動をやるというよりも、
簡単にできる運動を、
いかに毎日続けていくことができるか
ということに重点を置くべきなのです。

例えば…
ウォーキングなら、電車通勤をしている人は、
最寄りの駅まで毎日の日課になっているのではありませんか?

確かにウォーキングは、負荷は少ないかもしれませんし、
「運動をやった感」もないかもしれません。

でも、たとえ充実感を得られなかったとしても、
毎日コツコツとやっていくことの方が、
かえって減量には効果的だったりするのです。

減量は、自分のペースでゆっくりとが基本なのです。


車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら