車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:181117
グッドアフタヌーン(気取りすぎ?

1週間前、高齢の母と買い物をすませ、
車を停めているショッピングセンターの駐車場に向かいました。
母はいつも車の後部座席に座ります。

病気をして何ヶ月も外出していないので、
少しボーっとしています。

後ろで母がドアを弱く閉めたので、
「ドア、ちゃんと閉めた?」
と運転席から聞くと、

母は
「ちゃんと閉めたよ」と答えました。

駐車場は混んできて、
わしが車を出すのを
さっきから横で待っている車もいます。

急いで出なくては、
とあせって出ようとしたその時…

「半開きですよ!」と声がしました。

あわてて外に出て見ると、
後ろのドアは一見閉まっているのですが、
確かに半開きでした。

走り出してドアが開いたら、
事故にもつながりかねません。

「母、ドアが半開きやで!」
と母に言い、
外に出てバタンと閉め直しました。

声をかけてくれた若い男性は、
わしの車から1、2台隔てた車の人で、
わざわざ教えにきてくれたのでした。

「ありがとうございました」
とお礼を言って、駐車場を出ました。

それにしても、よく気がついて教えてくださったなぁ〜と、
改めて感心しました。

わしなど、隣の車のことでも気がつかないと思います。
ましてや隣の隣の車なんて…

どうして気がついたのか不思議でした。
たまたま目に入ったので、知らせてくれたのでしょうか。

もしかしたらわし達の声が聞こえたので、
さりげなく見てくれたのでしょうか?

偶然に見つけてもらえた不思議に心から感謝しながら、
「世の中には本当に親切な人がいるね」
と母と話しました。


え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜

車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら