車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:190116
1週間位前のこと…

優しそうなお父さんと小学校4〜5年生くらいの兄貴に、
両方から手をつないでもらって
楽しそうに歩いている男の子がふと目に入りました。
たぶん、3〜4歳くらいかな。

男3人で運動公園に行くのか、
もしかしたらスーパーに買い物に向かっているのか、
…なんて感じの休日の風景。

おれは、ドラッグストアに日用品を買いに行った帰りで、
なぜ母親は一緒じゃないのかな〜?なんてことを考えながら、
嬉しそうなその父母とお子さんの様子を、
「景色」を見るような感じで眺めていました。


すると突然、
その景色が突然動き出したというか、
まるで動かない絵から手が伸びてきたかのように
男の子がすれ違いざまにそのキラキラした笑顔を、
こっそりとおれに投げかけてきたんです。

挨拶するでもなく、会釈をするでもなく、
ぼーっと見ていたおれに彼が笑いかけてくれたのは、
なんだかとても不思議な感じ。

お父さんと兄貴は、通りすがりのおれのことなんて
全然気に留めていない様子なのに…

目が合って少し驚いたおれも、
その子に思わず笑顔を返していました。

今まで「笑顔って大切」とか、
もちろんよく知っていることだし、
人にも幾度となく言ってきたように思う。

でもこんなにも 心にストンと入ってくる笑顔には、
そうそう出会った事がなかったかもしれない。

どうしたら、
あんな笑顔が出来るの?って思った。

彼は、大好きなお父さんと兄貴に手をつないでもらって、
そのとき 「世界」を完全に信頼しきっていたのかな。

だからこそ、
見知らぬおれにもあんな笑顔が出来たんじゃないだろうか。

世界を「愛」という視点で見るということは、
まさにこれなのかもしれない…
とおれは思いました。


車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら