車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:180925
今、我が家では小麦粉が余っています。
母は使い道に困っており
「お好み焼きでも作ろうか?」と言っていますが、
そのまま1ヶ月以上経ってしまいました。

昔、我が家では
「お好み焼き」は父の仕事でした。

自営業で忙しく、自宅で寝る事も少なかった父とは
残念ながら家族団らんの思い出があまりありません。

小さかった娘の頃は違うでしょうが、
オレが小学校低学年の頃に賃貸から分譲のマンションに移ってからは、
父が家の中にいた時間は、本当に少なかったように思います。

それでも1ヶ月に何度か夕方食を一緒に食べる機会があり、
そうした時に父が率先して家族に振舞ったのが
「お好み焼き」でした。

大阪生まれの大阪育ちなのに、
父のこだわりは広島焼きで、
いろいろウンチクを並べたりしていました。

ヘラで重なりあったお好み焼きを
上手にひっくり返す父の姿に娘のオレは大興奮で、
「自分もやりたい!」とヘラを奪い取ってチャレンジしても
ことごとく失敗していました。

その失敗を父がまた綺麗に直してくれて…
それがまた尊敬だったりもしました。

父は「うまいか?」と言いながら
次々焼いていきます。
そしていつも自分が食べるのは最後になってからでした。
今思うと、そこにも愛情がありますね。

そんな父が亡くなってもう10年。
お好み焼きを自宅で作る機会はもうほとんどありません。

昔は買足しても足りなかった小麦粉が余っている様子を見て、
父が居ないことを改めて実感すると同時に、
笑顔でお好み焼きを口いっぱいに頬張っていた
自分の姿を思い出しました。

平凡だけれども
オレにとっては、優しかった父との思い出です。


車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら